合羽橋の老舗料理道具店「飯田屋」の6代目、飯田結太氏がイマドキの料理道具を徹底比較。今回は「栗の皮むき器」。限られたシーズンしか売れないけれど、種類は増えるばかりという栗の皮むき器を検証します。

季節限定のロングセラー、栗の皮むき器とは

栗の皮をむくためだけの調理道具
[画像のクリックで拡大表示]
「栗料理の味はどれだけ皮がきれいにむけるかにかかっています」と話す合羽橋の老舗料理道具店「飯田屋」の6代目、飯田結太氏
[画像のクリックで拡大表示]

 こんにちは! 飯田結太です。食欲の秋になりました。現在は、季節を問わずにいろいろな食材が入手できますが、毎年9月から11月くらいまでしか入手できない食材もあります。それが「栗」。秋の食材だけあって、専用の道具が売れるのも秋だけ。とはいっても飯田屋には1年を通して置いているのですが。

 栗専用の調理道具といえば、栗の皮むき器です。1年のうち、数カ月しか売れないのに、毎年種類は増える一方。飯田屋の店頭にも十数種類が並びます。今回はそのなかでも売れ筋と話題の新製品を徹底的に検証します。

 栗は包丁やナイフで皮をむけばいいのでは? と思っている人も多いでしょう。しかし、毎日大量の栗をむくプロにとっては、どれだけ簡単に、どれだけ早く処理できるかが下ごしらえの要。特に栗は小さくて丸く、皮はツルツルなのに硬いから、むきにくいったらありゃしないんです。指や手をケガすることも日常茶飯事。そうなれば皮が簡単にむける専用道具の需要は高まり、メーカーはその需要に応えるべく、次々と皮むき器が誕生していきます。

 そうして開発されたアイテムの数々は、大きく3種類に分けられます。爪切りから考え出されたニッパー型、野菜用の定番道具として人気のピーラー型、そして、栗の独特な食べ方のためだけに考え出された特殊型。

 上記の3種類を検証する前に、栗について少しだけ説明します。

 栗には、外側に鬼皮、内側に渋皮があります。調理する場合には、両方の皮をきれいにむくことが多いですが、渋皮だけ残して調理することもあります。有名なのは「渋皮煮」ですね。渋皮煮は、重曹で渋皮の独特なアクをとってからワインやブランデーを入れて甘く煮たもの。これは瓶詰めや冷凍にすれば長期保存ができます。最近ではケーキのモンブランなどにも渋皮煮の栗がトッピングされていることが増えましたね。

 栗はゆでてから皮をむくという人と、生の状態で皮をむくという人がいます。生の状態だと皮はとても硬いため、専用の皮むき器を使う場合も細心の注意が必要です。たいていの栗料理は、ゆでてから調理する場合が多いので、ゆでてから皮をむくほうがやりやすいかもしれないですね。ただし、焼き栗や渋皮煮の場合には、生の状態で皮をむくほうがいいでしょう。

 では、いよいよ次のページから栗むき器を徹底検証していきます。