合羽橋の老舗料理道具店「飯田屋」の6代目、飯田結太氏がイマドキの調理道具を徹底比較。包丁やまな板は調理道具の基本。プロは料理の種類によって安価なものから高額なものまでを使い分けているという。前回の「フライパン・鍋」編に続き、今回は「包丁・まな板」編。

プロ御用達の最高級包丁とまな板。貝印「旬Shun Kaji シェフズ」(飯田屋店頭価格3万円)、ウッドペッカー「いちょうの木のまな板」(飯田屋店頭価格9500円)
[画像のクリックで拡大表示]
合羽橋の老舗料理道具店「飯田屋」の6代目、飯田結太氏
[画像のクリックで拡大表示]

 こんにちは、飯田結太です。調理道具の基本、包丁とまな板。食材を食べやすくするために必要不可欠なのがこの2種類です。どちらも100円均一ショップで買えますが、専門店では驚くほど高額なものがあり、価格の幅が広すぎて選びにくい調理道具でもあります。プロなら高額なものをそろえているかと思いますが、実は、とてもリーズナブルなものを愛用していることもあります。それは料理の種類によって適しているものがあるからなのです。特にまな板は、高額だから万能とは限らないもの。包丁とまな板の価格差のヒミツを説明します。