合羽橋の老舗料理道具店「飯田屋」(http://www.kappa-iida.com/)の6代目、飯田結太氏がイマドキの調理道具を徹底比較。今回は、ピーラーの常識を超えた進化型ピーラーを紹介する。

進化型ピーラー6選
[画像のクリックで拡大表示]
合羽橋の老舗料理道具店「飯田屋」の6代目、飯田結太氏。自分用に30個以上は持っているというピーラーコレクターだ
[画像のクリックで拡大表示]

 こんにちは、飯田結太です。インスタグラムの人気のおかげで、料理はどれだけおいしく作るかだけではなく、どれだけ美しく作れるかに変わってきました。また、「時短」も当たり前に。そんなトレンドに合わせるように調理道具も変化してきました。なかでも驚くべき進化を遂げてきたのがピーラーです。ピーラーといえば、食材の皮を切るのがメインの道具ですが、2017年は“皮切り”から“デコレーション”へと役割を変化させているようなのです。さっそく、私が感動した進化型ピーラーを紹介します。


・ベジヌードル専用ピーラー
・アミ状のポテチが作れるピーラー
・トングのようなカボチャ専用ピーラー
・沖縄料理シリシリ専用ピーラー
・みじん切りができるピーラー
・1台7役マルチピーラー

いまや主婦の定番料理? ベジヌードル専用が登場

ののじ「糸そ~めん削り」(飯田屋店頭価格900円)
[画像のクリックで拡大表示]

 今、主婦の間ではやっているのが「ベジヌードル」です。健康的な食事に気を使うようになって、カロリーが高い麺類の代わりに野菜をヌードルとして楽しもうというもの。これは主婦の間で人気が出てからプロの間でも注目される料理法になりました。今までは、ベジヌードルというと、包丁で丁寧に千切りにしたり、スライサーでやったり、パスタマシンを使って作っているなど少し手間がかかるものでした。これなら、一定方向にスーッとスライドさせるだけ。そうめんのような細めのカットに出来上がります。

片側はギザギザの細かいセレーション刃、もう片側は細かい熊手状になっている
[画像のクリックで拡大表示]
野菜をそうめん状にカットする。主に根野菜用
[画像のクリックで拡大表示]

 私のお薦めは、ダイコンをこれでカットして、しそドレッシングとマヨネーズ、ツナを合わせたダイコンヌードル。これがビールのつまみに最高です! ダイコンをレンジで数分温めれば、マーボーのタレやミートソースとも合いますよ。