合羽橋の老舗料理道具店「飯田屋」(http://www.kappa-iida.com/)の6代目、飯田結太氏がイマドキの調理道具を徹底比較。今回は、最新のペッパーミルを比べました。ペッパーミルの代名詞的存在であるプジョーに匹敵する、進化した製品が登場。はたしてコショウを香り高くひけるのはどれなのでしょうか。

ペッパーミルの4強と呼ばれるメーカーの製品を比較。今注目すべきペッパーミル10選
[画像のクリックで拡大表示]

 こんにちは、飯田結太です。ステーキや炒め物などに欠かせない調味料にコショウがあります。コショウは調理の最後にひとふりすることで料理の味に差がつくといっても過言ではないほど重要なスパイス。そんなコショウのために作られたのがペッパーミルです。ペッパーミルはデザインも構造も日々進化しています。また、ペッパーミルを回しながら料理にコショウをふる動作はなかなかカッコいいと思いませんか。そこで、今回は男の料理を決める、香り高いコショウがひけるのはどんなペッパーミルなのかを徹底的に検証しました。

 ペッパーミルといえば、木製の中心がくびれたデザインのものがよく知られています。容器の上部をクルクル回すことで、コショウの粒が内部の歯に挟み込まれて徐々に砕かれていく仕組み。これはプジョーが開発した構造です。そう、ペッパーミルといえば、プジョーといわれるほどの絶対王者なのです(参考記事「料理道具のプロが「ペッパーミル」を徹底比較! プジョーのすごさの秘密は?」)。現在でもプジョーは常に新しい技術を開発して新製品を次々と出しています。しかし、今、ペッパーミルはものすごい競争の真っただ中。プジョーに負けず劣らず技術も使いやすさも優れているメーカーが3社あり、プジョーを含めた4強の進化から目が離せない状態なのです。