窒化鉄の進化系、「スーパー鉄」

ビタクラフト「スーパー鉄 ウォックパン」(サイズ直径24cm、重さ約863g、板厚約1.6mm、飯田屋店頭価格8000円)
[画像のクリックで拡大表示]

 プロにはもちろん、一般の人にも人気があるのがビタクラフトのフライパンです。ビタクラフトといえばステンレスの技術力が高いことで知られ、打ち出しフライパンで知られる山田工業所とのコラボ製品が大ヒットしたブランド。

 そんなステンレス製品で定評のあるビタクラフトが今回開発したのが、窒化4層加工の「スーパー鉄」というもの。窒化加工とは、さびが大敵となる船舶や航空機に使われている加工技術。鉄の内部に窒素を浸透させて表面の強度を高めることでさびにくくするこの技術を採用し、強靭なフライパンを作り上げたのです。生鉄のフライパンのように、焼き入れや油ひきなどの面倒な手入れが不要。初心者でも使いやすいと評判です。

 窒化4層加工を施したフライパンは、全部で4種類。直径が20cm、24cm、26cm、28cmがあり、24cmと28cmが深型になっています。深型はすり鉢状になっているのがユニーク。また、柄の部分がステンレスで作られているのがおしゃれです。見た目もカッコいいフライパンです。