感動的なローストビーフができる低温調理器

サンセイア「スーヴィードシェフ」(飯田屋店頭価格4万6000円)
[画像のクリックで拡大表示]

 前回の「ご飯が器に? パーティーが盛り上がる驚きの調理道具」で紹介した低温調理器「スーヴィードシェフ」も2017年にヒットの予感がする調理道具です。

 低温調理とは、ビニールなどに入れて真空状態にした食材を低温で時間をかけて調理すること。食材本来の味や栄養素が損なわれることなく、また、空気に触れる時間が少ないので酸化も抑えられることから、高級レストランなどで採用されている新しい調理法のひとつなんです。

 スーヴィードシェフは、とても大掛かりな機械だった低温調理器をコンパクトに、温度調整も簡単にしたもの。これを鍋に入れてスイッチを押すだけで、ローストビーフはプルンプルンでとてもジューシーな味わいに仕上がります。ほかにも野菜の煮込みや魚料理も濃厚な味わいに仕上がるんです。

 価格は4万円以上と高額ですが、2017年はもっとリーズナブルなものが登場するのではないでしょうか。低温調理器は2017年にブレークすると思います。