若い世代ほど、血圧を測ってほしい――。

 そう呼びかけるオムロン ヘルスケアが、30代、40代男性を対象にした手首式血圧計の新商品「HEM-6321T」を、11月30日から発売した。国内の手首式血圧計市場において、シェア60%を目指すための戦略的製品という。実勢価格は1万4800円前後(税別)である。

HEM-6321T
[画像のクリックで拡大表示]

 HEM-6321Tは、家庭用の手首式血圧計としては初めてBluetooth通信機能を搭載し、測定データをiPhoneに転送できる。同社が提供する健康サポートサービス「ウェルネスリンク」を活用して、スマートフォン専用アプリ「からだグラフ」や、PCでも測定データを管理することができる。PCでは、日々の測定データの変化を基にした分析結果を表示する「データナビ」や、朝と晩に測定した血圧データをグラフで表示し、簡単に印刷することができる「朝晩血圧手帳」の利用も可能になる。

血圧の推移をiPhoneでグラフ化できる
[画像のクリックで拡大表示]

 2人分の血圧値と脈拍を自動的に記録できることから、血圧計とデータを夫婦で共有するといった使い方も可能。最新の測定記録から10分以内に測定された記録の平均値と、100回分の測定記録を呼び出して、本体で確認するといった使い方もできる。液晶画面にはバックライトを採用しているので、暗い場所でも測定結果が見やすい。

 さらに、手首式なので上腕式に比べて、シャツを腕まくりせずに測定できるという手軽さに加え、重量約100g、幅89×高さ61×奥行き25mmという、手のひらサイズを実現。持ち運びにも適している。正しい血圧を知るには、1日に朝晩2回の測定が必要といわれ、忙しいビジネスパーソンが、オフィスや外出先、出張先で血圧を測定することも可能だ。

 圧電ポンプを採用することで、測定中の音が静かな「サイレント測定」に対応。手首に巻くベルト部分(カフ)が適切な強さで巻けているかどうかを知らせる「カフぴったり巻きチェック」、心臓の高さまで手首を持ち上げて正しく測定するための「測定姿勢ガイド」機能なども搭載しており、これも周囲の状況を気にすることなく、気軽に測定するための工夫だといえる。

 「ブーンという音や、強い巻き付けによって血圧を高める原因にならないようにしている」(オムロン ヘルスケア)という。

 測定姿勢ガイドでは、測定時に血圧計が正しい高さになると、液晶画面上に青色のランプと「測定姿勢チェックマーク」が点灯して、自動的に測定を開始。正しい測定をサポートする。ちなみに、同製品は、三重県松阪市の同社松阪工場で生産しており、国内生産による高い品質も強みになるという。

 「日本の高血圧患者は約4300万人。そのうち、30、40代が占める割合は20%の約850万人。そして、iPhoneユーザーは約350万人と想定される。iPhoneユーザーで高血圧の方も相当数になる。これらのユーザーをターゲットにする」という。

HEM-6321Tの特徴
[画像のクリックで拡大表示]