パナソニックが、2018年3月に創業100周年を迎える。その節目を迎えて開発した「Creative! セレクション」を発表した。第1弾商品群として、ななめドラム洗濯乾燥機やロボット掃除機、ルームエアコンなど13商品がラインアップされた。

パナソニック創業100周年「Creative! セレクション」
[画像のクリックで拡大表示]

100年周年で作った製品を記念モデルとは呼ばない

 Creative! セレクションという名称には「毎日をちょっとクリエイティブにする」新たな住空間を実現する商品という意味が込められている。

 100周年を機に開発した商品でありながら、同社はこれらを「100周年記念モデル」と呼ばない。あくまでも「創業100周年を機に開発した商品」としている。

 それには3つの理由がある。1つは、100周年という節目を、対外的なマーケティング活動には使わないと社内で決めたことだ。

 パナソニックの津賀一宏社長は、「100周年の節目において、よりグローバルに、より挑戦を広げていくことは大切である」と前置きしながらも、「我々の100周年という話は、社内のことであり、多くの人には関係がない話である」と語る。

 2つめは、「100周年記念モデル」として仕掛けがしにくい商品が多いということだ。

 2016年、同社のノートパソコン「レッツノート」が発売20周年を迎えた際には、20周年記念モデルを用意した。ノートパソコンような商品は、常に持ち運んで使用したり、自分好みのスペックに仕様を変更したりすることで嗜好性や所有欲が高まるタイプの商品である。そうした商品であれば、記念モデルという特別仕様の商品は意味があるといえよう。多くのファンが飛びつく可能性も高い。

 だが、Creative! セレクションで主力となる白物家電は、日常生活のなかに組み込まれて使われる商品で、嗜好性が高くない。100周年記念モデルとして、マーケティングがしにくいのだ。

 そして、3つめは、100周年記念モデルと位置づけた場合、100周年を超える2019年以降、これらの商品は過去のものとなってしまい、マーケティングの観点からもマイナスになるということだ。

 パナソニックでは、100周年を到達点ではなく、通過点として捉えている。100周年にあわせたキャンペーンでも、「次の100年をつくろう」や「Change for the Next 100」をキーワードに掲げ、2018年を次の100年に向けたスタートと位置づけている。

 執行役員 コンシューマーマーケティングジャパン本部の河野明本部長は、「Creative! セレクションは、第2弾以降の商品もあり、2020年までは継続して出していきたい」とも語っている。

 こうした観点から見ると、「100周年記念モデル」という表現を避けたパナソニックの想いも納得できる。