「AIBO」の生産終了から10年、ソニーが再びロボット事業に取り組む姿勢を明確に打ち出した。

 2016年6月29日に開催された2016年度経営方針説明会の中で、ソニーの平井一夫社長は「ソニーが持つエレクトロニクスやセンサーなどに、AI、ロボティクス、通信などの技術を組み合わせることで、住空間、都市空間、生活空間などにも展開していくことができる」と前置きし、「ロボットの中には、心のつながりをもち、育てる喜び、愛情の対象となるものも含まれる」と説明。かつてソニーが発売していたロボット犬「AIBO」のようなコミュニケーション型ロボットの開発にも進出する姿勢をみせた。

2016年6月29日に開催された2016年度経営方針説明会で、ロボット事業に取り組む姿勢を示したソニーの平井一夫社長
[画像のクリックで拡大表示]

 AIBOは、1999年にソニーが発売したロボットで、2006年の生産終了までに15万台を出荷。2014年春にサポートを終了している。ソニーらしさを代表する製品のひとつであったともいえる。

 だが、2000年代初頭は、テレビ事業が長い赤字のトンネルに入り始めるなど、エレクトロニクス事業が不振に陥っていったころ。エレクトロニクス事業の再建が優先されるなかで、販売台数が減少していたAIBOの生産からは撤退せざるを得ないと判断された。

 ユーザーに惜しまれるなか、生産中心となったAIBOは、その後も復活を望む声が長年にわたってあがっていたが、ここにきて、ソニーがようやくその重い腰を上げたというわけだ。ソニーは、4月にロボットの事業化に向けた新たな組織を立ち上げたほか、米人工知能ベンチャーのCogitai(コジタイ)に出資。新たな時代におけるロボット事業確立に向けた体制づくりを急いでいる。

ソニーのロボット犬「AIBO」
[画像のクリックで拡大表示]