パナソニックは、2017年6月16日から4K有機ELテレビ「4K有機ELビエラ」の出荷を開始した。同社は「ビエラ史上最高峰の漆黒と色再現性を実現した」と語り、同社のテレビのフラッグシップモデルに位置付ける。

パナソニックの有機ELテレビ「ビエラ TH-65EZ1000」
[画像のクリックで拡大表示]

 現在、国内メーカーで有機ELテレビを発売しているのは、ソニー、東芝、パナソニックの3社。だが、ソニーがフラッグシップモデルを液晶テレビとしているのに対して、パナソニックは有機ELテレビをフラッグシップに据えるなど、各社の戦略には差がある。また、シャープは、「有機ELテレビよりも、8K液晶テレビを優先する」(シャープの戴正呉社長)姿勢を取っている。

ソニーも4K有機ELテレビ「ブラビア A1」シリーズを発売
[画像のクリックで拡大表示]

プラズマの買い替え需要を有機ELで狙う

 もともとパナソニックは、有機ELパネルと同じく、各画素に形成した素子自体が発光する自発光方式のプラズマディスプレーパネルを採用したテレビを発売していた。2013年に発売した「ZT60」を最後にプラズマテレビから撤退し、液晶テレビに一本化したが、パナソニックでは、ブラウン管、プラズマテレビに共通する自発光方式が、最も高い画質を実現するという基本姿勢を持っている。そのコンセプトを実現する有機ELテレビは、まさにフラッグシップに相応しいと考えていたのだ。

 パナソニック アプライアンス社の本間哲朗社長(パナソニック代表取締役専務)は「プラズマテレビで培ってきた、自発光パネルに最適化した画質処理技術を、有機ELテレビに生かせる」と発言。「世界で一番画質が高いテレビとしてプラズマテレビを購入したユーザーが、買い替えサイクルに入ってきている。そうしたユーザーに対して、プラズマテレビと同じ自発光デバイスであり、世界最高画質を実現するテレビとして、有機ELテレビを提案できる。高画質を求めるユーザーへのリプレースには最適だ」と語る。

 満を持して発売した4K有機ELビエラでは、新たな画質処理エンジンを開発。これを組み合わせた高画質回路「ヘキサクロマドライブPLUS」によって、有機ELパネルの性能を最大限に引き出した。さらに、同社のハイファイオーディオブランドである「テクニクス」の開発チームとともに音質をチューニング。最大出力80Wの新しいサウンドシステムを搭載した「Tuned by Technics」により、最高画質に相応しいサウンドも兼ね備えている。

 パナソニック アプライアンス社の本間哲朗社長(パナソニック代表取締役専務)は、「パネルの調達先と、2011年度から長い時間をかけて意見交換を進めてきた結果、今回の有機ELテレビを投入した。出たとこ勝負で投入した商品ではない。放熱構造などについては、当社から提案したものが採用されている。有機ELテレビは、名実ともに、いまのテレビとして最もいいデバイスに仕上がった」と自信を示す。