パソコン市場、とりわけ個人・家庭向けパソコン市場が回復の兆しを見せている。

 量販店などのPOSデータを集計しているBCNによると、2017年1月~3月の集計では、前年同期比7.4%増と3年ぶりにプラス成長に転じた。2014年4月のWindows XPの延長サポート終了に伴うパソコンの買い替え特需が終わってから、個人・家庭向けパソコンの販売台数実績は四半期ベースで長らくマイナス成長が続いていたが、ようやくプラスに転じた格好だ。

約3年ぶりにプラス 業界内には安堵の声が広がる

[画像のクリックで拡大表示]

 もう少しパソコン市場の推移を詳しく見ていこう。量販店などの個人・家庭向けパソコン販売は、2014年春以降、長いトンネルの中にあった。BCNの調べによると、Windows XPの延長サポート終了に伴う特需が見られた2014年1月~3月は、前年同期比32.8%増と販売台数が大きく増えた。

 だが、その反動からか同第2四半期には7.7%減とマイナスに転じた。最も深刻だったのは2015年第1四半期で、前年同期比42.7%減と6割程度にまで市場が縮小したほどだ。直近1年でも二桁減の状況が続いていた。この間、スマートフォンやタブレットが浸透し、メールの送受信やWebサイトの閲覧など、低負荷の作業においては「パソコン不要論」がもてはやされた。

 光明が差したのは2016年第4四半期(10月~12月)。この時点で、前年同期比1.7%減と一桁台の減少となり、その後、前述した通り2017年第1四半期(1~3月)に、前年同期比7.4%増とようやくプラス成長に転じたのだ。四半期別推移でプラスになったのは、2014年第1四半期以来、実に12四半期ぶりとなる。

 月別推移でも、2016年10月に、前年同月比2%増とプラスに転じたほか、同年12月も1.2%増と前年実績を上回った。また、今年に入ってから、2017年1月の13.1%増、2月の0.9%減、3月は7.9%増となり、2月は微減になったものの、個人・家庭向け市場が回復基調に転じていることがはっきり示された。今回の結果を関係者に伝え、感想を求めたところ、「底を打った」と安堵する声が聞かれた。だが、その一方で、長期化した低迷ぶりに、今回の一時的なプラス成長だけでは、「回復の手応えを感じられる状況には至っていない」(量販店関係者)との意見もあった。

■変更履歴
初出では「この間、スマーフォンやタブレットが浸透し、……」とありましたが、正しくは「この間、スマートフォンやタブレットが浸透し、……」でした。お詫びして修正いたします。