ソニーマーケティングは2017年4月1日、国内5つ目の直営店となる「ソニーストア札幌」をオープン。初日の営業時間終了後には、札幌を中心に活躍しているクリエーターを招いたイベント「SONY CREATORS NIGHT」を開催した。

 参加したのは、プロカメラマンや映像クリエーター、音楽クリエーター、IT系デザイナー、そしてライフスタイル関連のクリエーターなど、約200人。当初は150人程度を想定していたが、それを大きく上回るクリエーターが来場。ソニーストア札幌の店内は、多くのクリエーターたちで埋め尽くされた。ソニーマーケティングが今回、クリエーターを招待した背景には、地元のクリエーターに“ソニーファン”を増やし、北海道での発信力を高める狙いがあるようだ。

4月1日にオープンしたソニーストア札幌。札幌市営地下鉄「大通」駅から徒歩1分、三越札幌に隣接する場所にある。地元の人には、かつてはアップルストア札幌が出店していた場所といった方が分かりやすいかもしれない
[画像のクリックで拡大表示]
SONY CREATORS NIGHTに参加した札幌のクリエーターたち。約200人が参加した
[画像のクリックで拡大表示]

オープンイベントではクリエーターたちがパフォーマンス

 ソニーマーケティングの河野弘社長は、「ソニーストア札幌を通じて、ソニーの優れた製品とユニークなコンテンツを、北海道全体に届けたい。液晶テレビの4K BRAVIA、デジタルカメラのαシリーズ、さらには、ウォークマンやプレイステーションVR、Xperiaのほか、子供の創造力をくすぐる(ロボットプログラミング学習キットの)KOOVといった製品もある。また、音楽やゲームなどのコンテンツもある。これらを組み合わせた情報発信を行っていく」と意気込みを語った。

 加えて、ソニーマーケティングの社長就任後も、兼務でソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンの社長を務めていたことに触れながら、「ソニーストア札幌をオープンするときには、以前からお付き合いがあったクリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長に、『そのときには協力するよ』と言われていた」というエピソードを披露。札幌に本社を置く同社の代表的製品である歌声合成ソフトウエア「初音ミク」がナビゲーターとして登場し、ソニーストア札幌を紹介するといったサプライズが待っていた。

 会場には、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤社長も来場。ソニーマーケティングの河野社長は、札幌のクリエーターたちと懇親を深めながら、「ぜひ、ソニーを、札幌のコミュニティーの一員に加えていただきたい」と語った。

「初音ミク」がナビゲーターとして、ソニーストア札幌を紹介
[画像のクリックで拡大表示]
ソニーマーケティングの河野弘社長とクリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 イベントでは、1階のソニーストア札幌店内をクリエーターたちが自由に内覧。2階の会議室は「UX Lounge」と称して、プロジェクターやスピーカーなどソニーの「Life Space UX」シリーズの製品群を展示するとともに、欧州の「PlayStation 3」のCMの音楽プロデュースなども手掛けるサウンドアーティストの大黒淳一さんと、アルバムのジャケットデザインや、ミュージックビデオのアートディレクターとして活躍するPATANICさんの2人が、DJおよびVJとして会場を盛り上げた。また、札幌で活躍し、キタキツネ写真家としても有名な井上浩輝氏をはじめとする4人の写真家の作品を展示したギャラリーを公開。さらに、このイベントのために、「Sony Design」コーナーを設置して、1955年に発売されたソニー初のトランジスタラジオ「TR-55」や、初代ウォークマン、ハンディカム、AIBOなどを展示していた。

UX Loungeでは、サウンドアーティストの大黒淳一さん(右)とアートディレクターのPATANICさんが、ソニーのプロジェクターやスピーカーを使いながら盛り上げた
[画像のクリックで拡大表示]