ラーメンは老若男女を問わず愛される日本人の国民食。コンビニではチルドやインスタントのほか、冷凍ラーメンも多数展開されている。レンジアップで手軽に作ることができ、本格的な味わいが楽しめると評判だ。そこで今月のコンビニ食品実食テストでは、夏に食べたい「つけ麺」と「担々麺」を食べ比べてみた。今回は担々麺編をお届けする。

具材に大きな差がある3コンビニ

[画像のクリックで拡大表示]

 今回のコンビニ食品実食テストの対象は、辛いものが食べたくなる夏に適した冷凍の担々麺だ。各コンビニで味はどれだけ違いがあるのか、また本当においしいのか。その疑問を解消すべく、味香り戦略研究所による味覚分析と、食のプロによる実食テストで、コンビニ大手3社の冷凍担々麺をチェック。セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートそれぞれの味の傾向を明らかにしていく。

 実食するのは以下の3商品だ。

○セブン-イレブン「セブンプレミアム 担々麺」(276円)
○ローソン「ローソンセレクト 担々麺 1食」(258円)
○ファミリーマート「ファミリーマートコレクション 黒ごま担々麺」(250円)

 まずは冷凍麺の作り方を簡単におさらいする。冷凍の担々麺は、ボイルでもレンジアップでも調理が可能。ボイルの場合は袋入りのインスタントラーメンと同様に麺をゆで、電子レンジを使用する場合は内袋に入った麺をそのままレンジで加熱する。内袋には麺と具材が一緒に入っているので、その状態のまま同時に加熱する。あとは液体スープを器に出して熱湯と混ぜ、加熱した麺を入れれば完成。簡単に自宅で担々麺を楽しむことができる。今回のテストではレンジで調理した。

 具材を見比べると、セブン-イレブンはチンゲンサイの葉が1枚丸ごと入っていて存在感がある。しかし具材はチンゲンサイのみ。ローソンとファミリーマートは、カットしたチンゲンサイときくらげが数個入っている。きくらげはファミリーマートのほうが分厚いようだ。また3商品とも挽き肉が入っていて、セブン-イレブンは白っぽく、ローソンはキツネ色、ファミリーマートは粒が粗めな点が特徴。

 液体スープをお湯で溶くと、その色にも違いが見られた。セブン-イレブンは赤味がもっとも強く、次いでローソン、ファミリーマートと続く。赤味が強いということは、それだけ唐辛子が利いていて辛いということだろうか。

 そして何と言ってもオプションの違いが一番大きい。ローソンは「花椒入り唐辛子」が、ファミリーマートは「黒ごま」が別添えになっている。ローソンは担々麺の辛さをチェンジするとともに、香り高く仕上げることが狙いだろう。一方のファミリーマートは、商品名が示すように黒ごまの風味・コクをパワーアップできるものと思われる。ちなみにセブン-イレブンに添付アイテムはないので、すでに完成された味付けになっているのだろう。

 一方、麺に関しては、3商品の太さ・色に違いは見られなかった。

セブン-イレブン
「セブンプレミアム 担々麺」
肉味噌とチンゲンサイを具材に使用した、濃厚で風味のあるスープが楽しめる担々麺。スープには焙煎した白ごまペーストにすりごま、ねりごま、甜麺醤、豆板醤を加えている。麺はスープと相性の良いコシのある中細麺を使用。税込み価格298円
[画像のクリックで拡大表示]
ローソン
「ローソンセレクト 担々麺 1食」
豚肉、ザーサイ、白ねぎ、たけのこを炒め合わせた特製の肉味噌を使用し、練りごまの濃厚な味わいのスープに合う担々麺に仕上げている。麺はしなやかでコシのある中細ストレート麺。花椒入り唐辛子が別添えになっている。税込み価格278円
[画像のクリックで拡大表示]
ファミリーマート
「ファミリーマートコレクション 黒ごま担々麺」
豆板醤とすりごまを使用した、濃厚でコクのあるスープが特徴の担々麺。別添えの黒ごまパックを加えることで、さらにごまの香りが豊かになる。通常は白ごまが使われる担々麺に黒ごまを使い、よりコク深く仕上げている。税込み価格270円
[画像のクリックで拡大表示]

 スープや麺の見た目は似ているが、味には違いがあるのだろうか? 別添えのオプションはおいしさに関係があるのか? 味覚分析の結果とプロが実食した感想から、それぞれの冷凍担々麺の特徴を見ていこう。

[画像のクリックで拡大表示]