おにぎり、弁当、サンドイッチと並ぶコンビニの主力商品「パスタ」。手早く食べられてしっかりエネルギーチャージができるため、ランチに利用している人も多いだろう。コンビニのパスタは毎月新作が発売され、また定番メニューもリニューアルを繰り返し、常においしさを向上させている。そこで各コンビニのトマトソース系パスタを食べ比べてみた。今回は王道のミートソースを実食してみた!

意外にも各コンビニで見た目が全く異なる

[画像のクリックで拡大表示]

 今回のコンビニ食品の実食テストは、パスタの定番であるミートソース編をお届けする。各コンビニで味はどれだけ違いがあるのか、また本当においしいのか。その疑問を解消すべく、味香り戦略研究所による味覚分析と、食のプロによる実食テストで、コンビニ大手3社のミートソースをチェック。セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、それぞれの味の傾向を明らかにしていく。ただし、ローソンのミートソースは、実食テスト後にリニューアルしてしまった。このため、あくまで参考情報としての掲載と考えてほしい。

 実食するのは以下の3商品だ。

○セブン-イレブン「牛肉の旨みたっぷりミートソース」(369円)
○ファミリーマート「じっくり煮込んだミートソース」(369円)
○<参考>ローソン「あらびき牛肉のミートソース」(369円)

※なおローソンでは、現在は価格は同じだがパッケージや中味がリニューアルされた「牛挽肉のミートソース」が発売されている

 コンビニ3社のミートソースを並べると、意外にも見た目が全く異なることが判明。ソースの色や麺の仕上げが異なることから、各社が独自のおいしさを追求していることが分かる。

 ファミリーマートとローソンは麺に直接ミートソースがかかっているが、セブン-イレブンだけ麺とソースの容器が分かれている。これはソースの水分で麺がのびることを防ぐためだと思われる。セブン-イレブンの麺は白くて太く、ファミリーマートの麺は黄色味があり、セブン-イレブンと比べるとやや細い。ちなみにローソンは、微量のミートソースをあらかじめ麺に絡めてから販売していることも分かった。

 ソースの見た目も大きく異なり、セブン-イレブンが一番赤味が強く、トマト味が利いていることが予想できる。挽き肉などの具材はわりと細かく、ソースに溶け込んでいるようだ。もっとも色が濃いファミリーマートのソースは、商品名の通りじっくり煮込んだような印象。挽き肉も大きく粒感があり、食べ応えがありそうなビジュアルだ。また、ローソンのソースには挽き肉のほかに、他社にはないパセリや人参のみじん切りが見られた。

 セブン-イレブンとファミリーマートはどちらも税込み398円で、ローソンは税込み399円(リニューアル後も同じ価格)。3商品の正確な内容量は不明だが、手に持つとずっしり重く、弁当よりも安いためお得感がある。ワンプレートで食べやすく、コンビニのミートソースはランチに最適だ。

セブン-イレブン
「牛肉の旨みたっぷりミートソース」
挽き肉の食感と香りを引き出した、牛肉のおいしさが味わえるミートソース。赤味のあるソースからトマトの風味も強いことが分かる。パルメザンチーズ付き。税込み価格398円
[画像のクリックで拡大表示]
ファミリーマート
「じっくり煮込んだミートソース」
肉を香ばしく炒め、野菜の甘味を引き出したミートソース。牛肉を大きめにカットして具材感を出し、弾力のあるパスタに合わせている。パルメザンチーズ付き。税込み価格398円
[画像のクリックで拡大表示]
<参考>ローソン
「あらびき牛肉のミートソース」
粗く挽いた牛肉を使用することで、肉の旨味を引き出したミートソースに仕上げている。麺にもソースをからめて一体感を演出している。パルメザンチーズ付き。税込み価格399円
[画像のクリックで拡大表示]

 ソースの色の違い、麺の太さや仕上げの違いは、やはりおいしさに関係があるのだろうか? 味覚分析の結果とプロが実食した感想から、それぞれのミートソースの特徴を見ていこう。