コンビニでひそかに売れている商品、あるいは注目の新製品を紹介するこの連載。今回は好調な売れ行きを見せるファミリーマートのチルドラーメンを紹介しよう。

 本格的な味わいが楽しめることから、コンビニの冷凍ラーメンが注目されているが、実はチルドタイプのラーメンもおいしくなっていることをご存じだろうか? なかでもファミリーマートのチルドラーメンは、2015年の刷新後、売り上げを大幅に伸ばしている。

1日10万食も売れた秘密とは?

ファミリーマート 商品本部 デリカ食品部 調理パン・調理麺グループ 山田忍氏。ファミリーマートではカップ麺の方が、チルドラーメンよりも約7倍多く売れている状況だったため、そこに伸びしろがあると想定し、チルドラーメンに力を入れていると話す
[画像のクリックで拡大表示]

 2015年10月に大幅リニューアルしたファミリーマートのチルドラーメン。麺をモチモチとした食感に仕上げ、スープのコクや旨味をアップするといった改良に加え、容器を見直してアツアツのラーメンを実現。従来は約70度だったスープを約80度にまで引き上げることで、専門店と同様のおいしさ・食べ応えを追求した。

 このリニューアルが功を奏し、「2015年度下期の売り上げは、前年に比べ3割増となり大きく伸長しました。最盛期には1日10万食も販売した実績もあります」と、ファミリーマート商品本部の山田氏は話す。その後も醤油ラーメンや味噌ラーメンの麺を、単層から三層麺に変更するなどの改良を重ねている。

 現在、ファミリーマートのチルドラーメンは、醤油、味噌、豚骨の定番3商品に加え、昔ながらの醤油ラーメンと海老ラーメンを展開している。1月10日には塩ラーメンも発売。塩ラーメンは期間限定と明確に設定されてはいないものの通年商品ではなく、「ハレの日の食事が続いた正月明けに、ホッと落ち着くあっさりとした味わいの食事のニーズが上がってくる」(山田氏)と考え、この時期を狙って発売したという。

 昨年も同時期に販売されており、狙い通り、あっさりとした味わいが受けて、「昨年は発売後からしばらくの間、“ファミマのラーメン”シリーズのなかでも人気ランキング1位となりました」(山田氏)と話す。また、今年の塩ラーメンも好評で、一番人気の味噌ラーメンとトップ争いを繰り広げているそうだ。

 塩ラーメンのターゲット層は、「30~40代の男性を想定しており、実際の購買層も想定どおりでした」(山田氏)とのこと。男女比率は男性6割、女性4割で、これは醤油ラーメンとほぼ同じ構成だとか。ちなみに豚骨ラーメンの購買層は男性が7割と高く、さらに20~30代の購入が多いのも特徴だと話してくれた。

「塩ラーメン」
3種類の塩をブレンドし、野菜ブイヨンと和風だしを合わせたスープが特徴。塩の旨味とだしの深みの絶妙なバランスが楽しめる。北海道産小麦を使用したモチモチとした食感の三層麺を使用し、イタリア産豚バラ肉のチャーシュー、ネギ、メンマをトッピングしている。税込み価格498円
[画像のクリックで拡大表示]