池、谷、クリーク。挑戦的なホールが続く成田東CC

会員さんは左側の安全ルートをしっかり利用していた(15番)