明るいロビー空間。他のゴルフ場とはかなり趣が違う

記事へ戻る(ページを閉じる)

全国でも珍しい完全スループレーのゴルフ場。全組が乗用カート利用のセルフプレー方式で、1番ホールから18番までを続けて回る。このためスタート時間を機動的に決定できる利点がある。キャッチフレーズは「日の出から日没まで」だ。コース設計は鬼才のピート・ダイ氏。