乾燥の仕上がりや節水性、静音性を求めるならシャープ「ES-P110」

 乾燥の仕上がりの良さを求めるなら、「ハイブリッド乾燥方式」を採用するシャープの「ES-P110」(実勢価格32万6000円前後)が最適だ。これはヒートポンプに「サポートヒーター」を組み合わせたもの。ヒーターといっても乾燥開始時と終了前のみに使用するため、省エネ性が高くて衣類に優しいヒートポンプと、ふっくらホカホカに仕上げられるヒーターの“いいとこ取り”ができるのが特徴だ。

シャープの「ES-P110」(実勢価格33万円前後)
[画像のクリックで拡大表示]
シャープが採用する「ハイブリッド乾燥」の仕組み(出典   )
[画像のクリックで拡大表示]

 シャープのES-P110は節水性や静音性の高さにも注目したい。節水性はどのメーカーもほぼ横並びではあるものの、11kg洗濯時78L、7kg洗濯乾燥時で52Lと、同じ容量で比べると使用水量が最も少ない。洗濯時30dB、脱水時37dB、乾燥時41dBと運転音の静かさもトップクラス。

 ちなみにES-P110は消費電力の低さも魅力。11kgの洗濯時で65Wh(電気代目安は約1.8円)、7kgの洗濯乾燥時で590Wh(同約16円)。こちらにも注目したいところだ。