前回はエアコンを買う上で知っておきたい常識やトレンドについて紹介した。今回は、エアコンを選ぶ際に重要なポイントを紹介していこう。

使用する部屋の畳数をチェック

 最初にチェックしたいのが部屋の畳数だ。エアコンは6畳用(冷房能力2.2kW)、8畳用(同2.5kW)、10畳用(2.8kW)といったように、冷房・暖房能力の異なる数多くのモデルをラインアップしている。最上位モデルは14畳用以上しかラインアップしていない場合もあるので、まずは使用する部屋のサイズをチェックしよう。

 畳数の目安として8畳用の場合は「冷房 7~10畳、暖房 6~8畳」などと表示されているが、7~10畳というのは「木造住宅なら7畳、鉄筋コンクリート住宅なら10畳」という意味を表している。

 リビングで使用する場合、10畳の部屋なら12畳用(3.6kW)、12畳の部屋なら14畳用(4.0kW)といったように、1つ上の対応畳数を選ぶことをおすすめしたい。

駆動電圧(コンセント形状)も必ず確認を

 エアコンを買う前に必ずチェックしなければならないのが、取り付ける部屋のコンセント形状だ。エアコン用のコンセントは特殊な形状をしているものが多く、下の表のように分かれている。当然100V用のコンセントでは200V用を、200V用のコンセントでは100V用のエアコンを使えないので、間違えないようにしよう。

電圧と電流によるコンセント形状の違い
[画像のクリックで拡大表示]

冷房・暖房能力は「最大値」と「最小値」の幅も重要

 畳数のところでも少し「能力」について触れたが、エアコン選びで最も重要なのが「部屋に合わせて適切な能力を選ぶ」ことにある。部屋の大きさに比べて能力が低いと、冷えにくい、暖まりにくいということになってしまう。目安よりも1つ上のランクを選ぶといいと紹介した理由はそこにある。

 ただし、寝室などで使用する場合、能力の「最小値」も大きなポイントになる。最小値が小さいモデルほど、細かい温度調節が可能だからだ。

 例えば同じ8畳用でも、冷暖房能力の最小値が0.2kW(200W)のモデルと、0.4kW(400W)のモデルでは2倍の開きがある。0.6kW(600W)ともなると3倍だ。電子レンジの「解凍モード」(200W)と「あたためモード」(600W)を想像してみると、その差がかなり大きいことが理解できるのではないだろうか。

三菱電機「霧ヶ峰 Zシリーズ」8畳用モデル「MSZ-ZW2516」のスペック。冷房能力は「0.6~3.5kW」だ
[画像のクリックで拡大表示]
東芝「DRシリーズ」8畳用モデル「RAS-B255DR」のスペック。冷房能力の最大値は霧ヶ峰と同じ3.5kWだが、最小値は0.2kWとかなり低いので細かいコントロールが可能。寝室で使用する場合に適している

 0.2kWならそのまま運転し続けても涼しく(暑く)なりすぎないが、0.6kWの場合は間断運転が必要になってしまう。運転が止まっているときは暑く、動いているときは寒いといったことになりかねない。広いリビングで使う場合はそこまで気にしなくてもいいかもしれないが、比較的狭い寝室で使う場合はそういったことも念頭に置いておくといいだろう。