コンパクトな羽根なのに大風量のドウシシャ

ドウシシャ「kamomefan Fシリーズ FKLS-251D」(同2万5000円)
[画像のクリックで拡大表示]

 カモメの羽根にヒントを得て設計したという羽根を搭載する扇風機「kamomefan Fシリーズ FKLS-251D」。羽根に柔らかい素材を採用しており、騒音と振動を軽減している。羽根の直径は約25cmと他社モデルに比べるとコンパクトで、重さも約2.1kgと圧倒的に軽い。この扇風機はデザイン面で特徴的だ。モーター部が他社モデルに比べてかなりコンパクトで出っ張りが少ないだけでなく、背面もスッキリとスタイリッシュで、部屋の中心部に置いても違和感のないデザインになっている。自動首振り機能は最大90度と一般的だ。

自動首振り機能は左右だけだが、手動で真上まで角度調節ができる
[画像のクリックで拡大表示]
背面まで美しい「360°デザイン」なのも特徴だ
[画像のクリックで拡大表示]

 リモコンはダイソンと同様に文字表記のない、かなりコンパクトなデザイン。こちらもぱっと見で分かりやすいので操作に迷うことはないだろう。風量切り替えは「無段階」とあったが、実際に操作してみると24段階に分かれていた。シャープのように大まかに操作してから微調整するといった機能は備えていない。

シンプルでコンパクトなデザインのリモコン
[画像のクリックで拡大表示]

 本体の操作部はユニークなデザインだ。前面に配置したダイヤルが風量切り替えになっており、その中心部に電源ボタンを備える。上部にはリズム風切り替えとオフタイマーボタン、自動首振り機能切り替えボタンを備える。自動首振りは左右30・60・90度の切り替えが可能。こちらもシャープと同様にボタンを押すたびに切り替わるので、ビタッと止めるためにはコツが必要だ。

ユニークなデザインを採用する本体の操作部
[画像のクリックで拡大表示]

 シャープのみはり機能のような気の利いた機能は備えていないが、ファンの前面に脱着可能なアロマケースを搭載しているのがユニークなところ。市販のアロマオイルを滴下することで、好きな香りが付いた風を楽しむことができる。

ファンの前面に脱着可能なアロマケースを搭載している
[画像のクリックで拡大表示]

このモデルは箱から出してそのまま設置して使えるだけでなく、本体自体がコンパクトなので収納時に場所を取らないのも魅力。風の到達距離は最大約17mと、遠くまでしっかりと届くのが特徴で、サーキュレーターとしても使えそうだ。高さは最高で約90cmと他の機種に比べて低めなので、高さが足りない場合は上方向の手動角度調節機能を活用するといいだろう。

750~900mmまで高さ調節ができる
[画像のクリックで拡大表示]
■ドウシシャ「kamomefan Fシリーズ FKLS-251D」の主な仕様
・消費電力:1.6~15W
・風量切り替え:無段階
・タイマー:入/切(1/2/4時間)
・自動首振り:左右(約30/60/90度)
・手動角度調節:左右6段(10/20/30/40/50/60度)、上下(上90度、下10度)
・羽根径:約25cm
・主な機能:アロマ機能、リズム/おやすみ風、LED消灯・減光モード、切り忘れ防止
・本体サイズ:幅290×奥行き265×高さ750~900mm
・重さ:約2.1kg