有害物質の酸化分解&加湿機能の安心感

ダイキン工業「MCK70T」(実勢価格5万1280円)
[画像のクリックで拡大表示]

 空気中に放出する「アクティブプラズマイオン」と、有害物質を酸化分解する「ストリーマ」を組み合わせた「ダブル方式」を採用するダイキン工業の加湿空気清浄機「MCK70T」。

 ホコリや花粉などをプラスに帯電させて静電HEPAフィルターに吸着させる「電気集じん方式」を採用することで、一般的な静電フィルター方式よりも集塵力が持続するという。加湿フィルターを直接水に付けない「水車式」を採用するだけでなく、加湿トレイにもストリーマを放出して雑菌を抑制するので、より安心して加湿機能を利用できる。

6段階になっているフィルター構造(ダイキン工業のウエブサイトより引用)
[画像のクリックで拡大表示]
ダイキン工業「MCK70T」の主な仕様
清浄時間:8畳/9分
適用畳数:31畳(空気清浄)、木造和室11畳/プレハブ洋室18畳(加湿)
最大風量:7m3/分
運転音:18~54dB(空気清浄)/23~54dB(加湿空気清浄)
搭載センサー: ホコリ・PM2.5・ニオイセンサー
加湿量:630ml/h
加湿タンク容量:約3.6L