写真家の三井公一氏に注目の最新デジカメをいち早く試してもらい、撮って出しの実写画像を紹介する連載。今回は、ソニーのフルサイズミラーレス一眼「α7S II」を取り上げる。2014年に登場した先代モデルの「α7S」は、画素数をあえて低く抑えることで高感度性能に磨きをかけ、超高感度の描写に度肝を抜かされた。α7S IIは、定評のある高感度性能はそのままに、待望のボディー内手ぶれ補正機構をひっさげて登場した。ソニー渾身の意欲作の実力を、三井カメラマンに検証してもらった。

ソニーが10月に発売した、超高感度撮影対応のミラーレス一眼「α7S II」(ILCE-7SM2)。ボディー単体モデルの実売価格は38万円前後と、従来モデルと比べてかなり高くなった
[画像のクリックで拡大表示]

 「ISO409600」という圧倒的な高感度で話題になった、ソニーのフルサイズミラーレス一眼「α7S」。「最高ISO409600の超高感度カメラ、ソニーα7Sを持って夜の街に繰り出した」で試したように、上限感度のISO409600はさすがに緊急用といった描写であったが、そこにいたるまでの高感度域の描写はお見事!といった写りで、当時はいたく驚かされたものだった。

 その後、ベースモデルの「α7」は「α7 II」に進化し、5軸のボディー内手ぶれ補正機構を搭載。やや大きく重くなったものの、各部の堅ろう性を増したうえでホールド感や操作性を向上させた。前述の高感度モデル「α7S」も、それらの改良を適用して晴れて2世代目の「α7S II」へと進化した。

▼α7S II
[画像のクリックで拡大表示]
▼α7S
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
モデルチェンジした「α7S II」(左)と、旧モデルの「α7S」(右)。全体のコンセプトは旧モデルを継承しつつも、α7S IIでは質感や操作性を高めた新デザインに一新した。α7S IIでは、ボディー内手ぶれ補正機構を新たに備えたのも注目できる

 このカメラ最大の特徴は、やはり高感度にある。常用ISO感度はISO100~102400、拡張時の感度は最高ISO409600というスペックは従来と変わらないが、有効1220万画素の35mmフルサイズCMOSセンサーが生み出す幅広いダイナミックレンジが何よりの魅力だ。かつて高感度といわれたISO800~3200くらいならば描写はとてもスムーズで、美しささえ感じてしまうほど。ろうそく1本の明かりしかなくても高速シャッターで撮影できてしまう性能だが、新たに5軸のボディー内手ぶれ補正機構を搭載してしまったのだから恐れ入る。まさに“夜の帝王”といった印象だ。これに明るいレンズを組み合わせれば、まさに鬼に金棒である。東京都内で撮影ポイントを探したが、明るすぎて被写体に困ってしまったほどだ。

ISO1250は、画質劣化を気にせずフツーに撮影できる感度だ。明るくない高倍率ズームレンズ1本でも、夜のスナップ撮影を思う存分楽しめる(FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS使用、ISO1250、1/160秒、F4.0)
[画像のクリックで拡大表示]
暗い交差点で走り出すレトロな路線バス。ISO5000だが、そのメタリックなボディーの質感がしっかりと表現できた。感度はカメラ任せにして、露出補正に気を配ってシャッターを切れるのがよい(FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS使用、ISO5000、1/250秒、F6.3、-1補正)
[画像のクリックで拡大表示]
さすがにISO10000になってくるとノイズが大きくなってくるが、まだまだクリーンな絵である。被写体にもよるが、常用感度ISO100~102400はダテではない(FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS使用、ISO10000、1/160秒、F6.3)
[画像のクリックで拡大表示]