現在、高級コンパクトデジカメ人気ナンバーワンを誇るのが、ソニーの1型センサー搭載モデル「Cyber-shot DSC-RX100」シリーズだ。ジェネレーションを重ねるごとに進化を続け、この秋ついに5世代目の「DSC-RX100M5」(以下、RX100M5)が登場した。積層型の1型裏面照射CMOSセンサーやF1.8-2.8の明るいズームレンズ、見やすいポップアップ式EVF、本格ビデオカメラに匹敵する4K動画と徐々に機能をアップしていったRX100シリーズだが、RX100M5ではついに一眼レフに迫る高速オートフォーカスと多数の測距点を手に入れた。

ソニーが2016年10月下旬に発売したレンズ一体型の高級コンパクトデジカメ「Cyber-shot DSC-RX100M5」。実売価格は11万円前後
[画像のクリックで拡大表示]

一眼レフ並みの動体追従性能&高速連写性能を備える

 RX100M5のスペックを見ると、このサイズのカメラにこれ以上何を望むというのか、というくらいの性能と機能に驚かされる。それほど、このRX100M5は常識外れにスゴい。定評ある積層型の1型Exmor RS CMOSイメージセンサーは、画素数こそ有効約2010万画素をキープするが、新たに0.05秒の高速オートフォーカスと優れた動体追従性能を搭載。しかも、315点もの像面位相差AFセンサーも積んできた。これにより、フレーム内の広い範囲で高速かつ高精度なピント合わせが可能になったのだ。

 AFとAE追従で最高約24コマ/秒という驚異的な高速連写と、連続撮影150枚というとんでもないスペックで、狙った被写体を逃がさず撮れる。これがプロ用デジタル一眼レフのスペックなら分かるが、手のひらサイズの高級コンパクトカメラの性能なのだから恐れ入る。10万円を軽く超える価格は確かに高額な部類に入るが、この内容と写りならば誰しも財布の紐が緩んでしまうのではないか。

RX100M5は、一眼レフに迫るほどの高速AFと高速連写を誇る。この性能は、スポーツなど激しい動きの被写体を写すためというよりは、日常のほんの一瞬を撮り漏らさないための機能、といえるだろう。手なずけたノラネコのこんな不意の一瞬も、このカメラならしっかり捉えられる(70mm相当、ISO125、1/160秒、F2.8)
[画像のクリックで拡大表示]
港を出て行く漁船たち。RX100M5ならば、このような動体は朝飯前である。広範囲に張り巡らされた測距点で被写体を正確に追従してフォーカシングできる(70mm相当、ISO125、1/400秒、F4.0、-0.3補正)
[画像のクリックで拡大表示]
高感度もいいし、手ぶれ補正機構の効きもまずまず。オールマイティーに高画質を求める人にオススメしたいのが、このRX100M5といえる。キビキビと動作しストレスのない撮影が楽しめる、ソニー渾身の高級コンパクトデジカメだと感じた(47mm相当、ISO500、1/50秒、F2.8)
[画像のクリックで拡大表示]