今回は、パナソニックの最新ミラーレス一眼「LUMIX DMC-G8」を取り上げる。一眼レフカメラのようなオーソドックスな外観を採用した売れ筋モデルで、新たにボディー内手ぶれ補正機構を搭載し、レンズ内手ぶれ補正機構とシンクロさせることで補正効果を高められるようになった。ピントの合う範囲を自由に設定できる深度合成機能など、LUMIXシリーズではおなじみの4K PHOTOを応用した機能を充実させたのもポイント。次世代のスタンダードとなりそうな注目モデルを、三井カメラマンに実写してもらった。

 パナソニックが2016年10月末に発売したミラーレス一眼の中堅モデル「LUMIX DMC-G8」(以下、LUMIX G8)は、「LUMIX DMC-GX7 Mark II」などの上位機種で採用されている機能や装備をどん欲に盛り込み、従来モデルから大幅な機能アップを果たした意欲作だ。

パナソニックが2016年10月末に発売した「LUMIX DMC-G8」。実売価格は、ボディー単体モデルが10万8000円前後、写真の標準ズームレンズ「LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH.」が付属するレンズキットが13万8000円前後
[画像のクリックで拡大表示]

 上位機種のお株を奪うほどの進化を遂げたLUMIX G8だが、特に注目したいのが手ぶれ補正機構だ。上位機種が搭載するボディー内手ぶれ補正機構を新たに盛り込んだうえ、ボディー側の補正機構とレンズ側の補正機構をシンクロして働かせる「Dual I.S.」は「Dual I.S.2」に強化したうえで搭載。中望遠~望遠域の補正効果は、実にシャッター速度5段分にまで高められた。写真撮影時だけでなく、パナソニックのお家芸といえる4K PHOTOや動画の撮影時にも有効となるのがありがたい。

LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH.を装着してブラブラとスナップ。工事中の店舗をISO3200で撮影したところ、高感度だがディテールが残っており、ローパスレスセンサーの効果と相まってシャープな絵となった(LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH.使用、ISO3200、1/125秒、F5.6、-1補正)
[画像のクリックで拡大表示]
よく効く手ぶれ補正機構と優秀な高感度性能が備わっているので、光量が少ない場所でも絞り込んでピントを深くできる。三脚がなくてもイメージ通りに撮影できるLUMIX G8は心強い存在といえる(LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH.使用、ISO3200、1/40秒、F11.0、-2補正)
[画像のクリックで拡大表示]
夜の新宿ゴールデン街。このような暗い場所でも失敗を恐れずにシャッターを切れるのがこのカメラの魅力だ。性能と機動力、そして4K PHOTOなどの機能がうまくまとめられたカメラだと思う(LUMIX G VARIO 12-60mm F3.5-5.6 ASPH.使用、ISO3200、1/6秒、F8.0、-0.3補正)
[画像のクリックで拡大表示]