今回は、キヤノンの最新ミラーレス一眼「EOS M5」を取り上げる。一眼レフカメラのような外観を採用した高性能モデルで、シリーズで初めてEVF(電子ビューファインダー)を内蔵したのがポイント。シリーズの弱点だった速写性能も改善し、キビキビ撮れるミラーレス一眼に生まれ変わった。11月25日の発売を前に、三井カメラマンにさまざまなレンズを使って実写してもらった。

 ついに、キヤノンがミラーレス一眼カメラに本気を出した。「いままでのミラーレスに、満足しているか?」という挑戦的なコピーとともに、長い間存在が噂されていたEVF搭載の「EOS M5」を市場に投入する。その性能や画質はいかに?

11月25日に発売するキヤノンのミラーレス一眼「EOS M5」。新しい高倍率ズームレンズ「EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM」が付属するEF-M18-150 IS STMレンズキットの実売価格は15万8000円前後
[画像のクリックで拡大表示]

 キヤノンの「EOS M」といえば、ちょっと残念なミラーレス一眼カメラ…という印象を持っている人は少なくない。華々しく登場した初代モデルは、オートフォーカスや連写の速度、操作性で満足できる仕上がりとはいえなかったからだ。発表当時はレンズのラインアップが2本しかなかったことも、その印象を強くしてしまっていた。

 だが、今度登場する「EOS M5」は、その悪いイメージを完全に払拭するカメラに仕上がっていると感じた。あまりキヤノンのカメラを欲しいと思わない自分が「ちょっと欲しいなあ」と考えてしまうほどなのだから(笑)。

コンパクトで手になじむフォルムのEOS M5は、常に持ち歩きたくなるカメラに仕上がっている。パンケーキレンズを装着すれば、バッグやコートの大きなポケットにもすんなりと収まる。ブラブラと歩いていて、気になるものがあったらサッと取り出してスマホ並みの気軽さでスナップできる(EF-M22mm F2 STM使用、ISO100、1/320秒、F7.1、+0.7補正)
[画像のクリックで拡大表示]
有効236万ドットの内蔵EVFは、あらゆるシーンで見やすかった。EVFをのぞいたままでもピント位置を自在に動かせるタッチ&ドラッグAFを使えば、撮影にストレスは感じない(EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM使用、ISO100、1/640秒、F10.0)
[画像のクリックで拡大表示]
夜のバーをISO3200で。このぐらいの高感度なら、まだまだ余裕の描写だ。コンパクトでハンドリングもよく、キビキビとオートフォーカスも合う。使っていて気持ちのいいちゃんとしたミラーレス一眼カメラが、キヤノンからようやく登場したのだ(EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM使用、ISO3200、1/60秒、F6.3)
[画像のクリックで拡大表示]