オリンパスのミラーレス一眼で売れ筋となっているのが、クラシックな一眼レフカメラ風のデザインを採用した「OLYMPUS OM-D E-M10」シリーズだ。2015年9月に登場した2代目モデル「E-M10 Mark II」が好調なセールスを続けているが、3代目となる「E-M10 Mark III」が9月に発売になった。「君の笑顔が、パパとママを名カメラマンにする。」というコピーどおり、写真にこだわりを持つファミリー層に最適なミラーレス一眼に仕上がっていた。

オリンパスが9月に発売したミラーレス一眼「OM-D E-M10 Mark III」。実売価格は、ボディー単体モデルが8万1000円前後、ズームレンズが2本付属するEZダブルズームキットが10万8000円前後
[画像のクリックで拡大表示]

上位機種譲りの機能や装備を出し惜しみせず搭載

 E-M10 Mark IIIは、OM-Dシリーズのローエンドモデルという位置づけながら、充実した装備を持つのに驚かされる。質感の高いクラシックカメラ風の薄型ボディー、ローアングルでも楽に撮れるチルト式のタッチパネル液晶、三脚がなくても手ぶれを防げる5軸手ぶれ補正機構、精細な表示の電子ビューファインダー、一眼レフ並みの高速オートフォーカスなど、入門機らしからぬ内容だ。これらの装備は、フラッグシップモデル「E-M1 Mark II」と共通する部分が多い。

 オリンパスのカメラは、「製品を出す時点で持っている最新技術は、たとえ下位機種であろうと出し惜しみせず搭載する」という方針で製品作りがなされていることで知られるが、その美点がしっかりと受け継がれているのは好感が持てる。

E-M10 Mark IIIは、フラッグシップのE-M1 Mark IIとは違って20メガピクセルではないし、高速連写もできないが、写りはなかなかであった。このメタリックの質感描写はとても気に入った。ダイヤル類の操作感もとてもよく、デザイン的にマッチするM.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZを装着してブラブラと撮影したくなる(M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ使用、ISO200、1/1000秒、F7.1、-1補正)
[画像のクリックで拡大表示]
夜の洋館をISO3200で。コントラストがやや低下しているがまずまずの描写である。強力な手ぶれ補正機構を備えているうえ、高感度特性に優れるので、光量が少ないシーンでも手ぶれを恐れずに撮影できるのはE-M10 Mark IIIの強みであろう(M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ使用、ISO3200、1/60秒、F4.0、-1.3補正)
[画像のクリックで拡大表示]
喫煙禁止エリアにあるポスト。そのドアに吸い殻がおびただしくねじ込まれていた。そんな残念な光景もE-M10 Mark IIIはしっかりと捉えてくれた。鮮やかな赤と薄汚れたタバコの吸い殻とのコントラストが何ともいえない(M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ使用、ISO200、1/125秒、F5.5、-0.3補正)
[画像のクリックで拡大表示]