E-M10 Mark IIIは、フラッグシップのE-M1 Mark IIとは違って20メガピクセルではないし、高速連写もできないが、写りはなかなかであった。このメタリックの質感描写はとても気に入った。ダイヤル類の操作感もとてもよく、デザイン的にマッチするM.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZを装着してブラブラと撮影したくなる(M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ使用、ISO200、1/1000秒、F7.1、-1補正)

記事へ戻る(ページを閉じる)

オリンパスのミラーレス一眼で売れ筋となっているOM-D E-M10シリーズが、3代目の「E-M10 Mark III」にモデルチェンジ。小型軽量のファミリー向けモデルながら、上位機種譲りの性能を持っていました。