小型軽量で持ち歩きやすく、クラシック風のデザインも上々

 それでいながら、常時携行しやすいコンパクトなサイズ感のボディーをキープしているのは評価できる。大きなカメラだと、ちょっとした外出に持って行くのがためらわれるし、いざ構えても子どもの自然な表情が崩れてしまうこともある。E-M10 Mark IIIならば、そのような欠点を解消できる。

 何より、ボディーのデザインがカッコいいのは、日常生活に潤いを与える趣味の品としては評価できるポイントだ。お洒落なママが首から提げていると絵になるのである。EZダブルズームキットに付属する標準ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」はスリムなこともあり、ボディーにマッチしてとてもよい雰囲気だ。ただ、望遠ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R」は外装の仕上げがチープなのが気になった。

オリンパスのカメラの魅力といえばアートフィルターだ。左肩部分に新設されたショートカットボタンで設定が簡単に変えられるので、さまざまな効果を手軽に切り替えて試せるのがうれしい。ブリーチバイパスのフィルターを使い、レストランの前にあったワインボトルを撮影。コントラストの高いシャープな写りとなった(M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ使用、ISO1250、1/60秒、F5.6、-0.3補正)
[画像のクリックで拡大表示]
小さく軽いボディーは、とかく荷物が多くなりがちなママにはうれしいポイントとなるだろう。子どもの荷物と自分の荷物を抱えながらカメラを携行するのは大変だし、その状態でシャッターチャンスの際にカメラを構えるのは至難の業だ。E-M10 Mark IIIは、よく効く手ぶれ補正機構があるので、片手でイージーに撮っても失敗を抑えやすい。貪欲にシャッターを切りたくなるだろう(M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ使用、ISO320、1/60秒、F4.3、-1補正)
[画像のクリックで拡大表示]
左肩部分に新設されたショートカットボタンは、その時のカメラのモードによって機能が変わってくる。これまではメニュー構成が分かりにくくとっさに撮影しづらかったが、今回の改良で目的の機能にたどりつきやすくなった。パートカラーモードで消防ホースの色を浮かび上がらせて撮影してみた(M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ使用、ISO200、1/125秒、F6.3)
[画像のクリックで拡大表示]