ついに登場したアップルの「iPhone 8 Plus」。撮像素子やCPUの変更でカメラ機能の底上げが図られているというが、前モデルの「iPhone 7 Plus」と比べてどのように描写が変わったのかが気になるところ。今回、仕上がりを大きく左右する8つのシチュエーションを設定し、両者で撮り比べてみた。

ともにデュアルカメラを搭載するiPhone 8 Plus(左)とiPhone 7 Plus(右)。見た目は変わりないが、カメラ機能は撮像素子やCPUの変更で大きく改良されたという
[画像のクリックで拡大表示]

ポートレートモードは全体のバランスがよくなった

 ポートレートモードは、被写界深度エフェクトによって背景にボケ味が加えられるのがウリの機能だ。iPhone 8 Plusでは、ピントが合った部分のシャープさと背景のボケのバランスが向上していると感じた。iPhone 7 Plusは、距離によってはいきなり不自然にボケてしまう傾向があったが、iPhone 8 Plusは多くのシーンで自然なボケ味を出すことに成功している。

▼iPhone 8 Plusで撮影
iPhone 8 Plusで撮影した写真。背景のボケが自然に描かれている
[画像のクリックで拡大表示]
▼iPhone 7 Plusで撮影
iPhone 7 Plusで撮影した写真。状況によっては、ボケの描写が不自然になることもあった
[画像のクリックで拡大表示]

ホワイトバランスは心地よいと感じる味付けに

 iPhone 8 Plusで撮影していて感心したのは、ヒトが心地よいと感じる色を残す傾向の絵作りをすること。さまざまな光源を無理やり白に近づけるのではなく、そのシーンに応じた自然な雰囲気をうまく演出してくれるのだ。人工光とわずかな外光が差し込むショッピングセンター内を撮ったが、iPhone 8 Plusのほうが見た目に近く好ましいと感じる絵作りをしてくれた。

▼iPhone 8 Plusで撮影
iPhone 8 Plusで撮影した写真。見た目に近い暖色系の色合いで、好ましいと感じる仕上がりだ
[画像のクリックで拡大表示]
▼iPhone 7 Plusで撮影
iPhone 7 Plusで撮影した写真。照明をより白く仕上げているため、床のほうは青っぽくなっている
[画像のクリックで拡大表示]