レンズメーカーのタムロンから、ソニーフルサイズEマウント用の標準ズームレンズが登場した。この「TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)」は、ズーム全域でF2.8という明るさを持ちながらスリムな鏡筒を実現し、重量を550gに抑えている。このレンズをソニー「α7 III」に装着してブラブラとスナップ撮影を楽しんだが、その軽快さと取り回しのしやすさに驚いた。

 どこまでも歩いて行けそうなくらいのライトウエートだけでなく、スリムな鏡筒はどんなアングルでもホールドしやすいので安心感がある。ピント面は芯がありながらボケはとても柔らか。カリカリ描写のレンズが多い現代においては、ちょっと新鮮味さえ感じる優しい描写だ。

 ワイド端では最短撮影距離0.19mを達成し、大口径F2.8と相まってパースペクティブと大きなボケ味を堪能できるし、ステッピングモーターユニット「RXD(Rapid eXtra-silent stepping Drive)」によるオートフォーカス駆動は静かで正確なピント合わせが可能。とっさのシャッターチャンスや、遊び回る子どもの撮影などでも確実にピントを合わせてくれるはず。

 また、前玉には逆光に強いタムロン独自のBBAR(Broad-Band Anti-Reflection)コーティングを施し、さらには撥水・撥油性に優れたフッ素化合物による防汚コートを採用。メンテナンスのしやすさにも配慮している。フルサイズミラーレス一眼の軽快さをスポイルしない、スリム&ライトウエートで描写の優しい「新標準ズームレンズ」と言ってよさそうだ。特にスイッチ類は持たないが、撮影に支障はないだろう。

 大人気のフルサイズミラーレス一眼「α7 III」だが、その軽さとコンパクトさをスポイルしないために、このTAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)をチョイスするのは“アリ”だ。このレンズを装着して、あちこちブラブラしながら数多くシャッターを切れば、きっと素晴らしいカットが撮れるに違いない。

タムロンの先端技術をスリムなボディーに詰め込んだ、ソニーEマウント用大口径標準ズームレンズ。広角28mmではレンズ先端から5.7cmの近接撮影を可能にし、望遠75mmでは最大撮影倍率1:4を実現している。また、動体撮影や動画撮影に強いAF性能と550gという軽さも魅力。直販サイトでの価格は税込み9万4500円
[画像のクリックで拡大表示]