写真家の三井公一氏に注目の最新デジカメをいち早く試してもらい、撮って出しの実写画像を紹介する連載。今回は、キヤノンが4月末に発売した高画質コンパクトデジカメ「PowerShot G7 X Mark II」を紹介する。1型のCMOSセンサーと明るいレンズを小型軽量ボディーに詰め込んだ実力派で、ベストセラーとなった先代モデル「PowerShot G7 X」に改良を施して完成度を高めた。注目の画質や使い勝手を三井カメラマンが検証した。

 キヤノンが2014年10月に発売した高画質コンパクトデジカメ「PowerShot G7 X」は、写りとボディーサイズ、そしてデザインを高いレベルでまとめたことが評価されてベストセラーとなった。この4月、新たなデザインと新機構のチルト式液晶をまとった後継モデル「PowerShot G7 X Mark II」が登場した。

キヤノンが4月下旬に発売した高画質コンパクトデジカメ「PowerShot G7 X Mark II」。撮像素子やレンズは2014年発売の旧モデル「PowerShot G7 X」と同じだが、画像処理エンジンを一新して画質や撮影性能を底上げした。本体もデザインを変更し、質感を高めた。実売価格は7万4000円前後
[画像のクリックで拡大表示]

 側面に緩やかなカーブを配していた先代とうって変わり、直線基調でシャープな趣となったG7 X Mark II。ボディー前面にはグリップが新設され、ホールド感が高められた。ボディーの上面もエッジが立った段差が設けられ、全体的にクールな印象のカメラに生まれ変わった。背面のチルト式液晶モニターは、上方向に180度のみだった可動範囲が、下方向にも45度広げられたので、ハイアングル時のフレーミングも楽チンになったのがうれしい。

側面などを直線的なフォルムに変更したことで、全体にシャープな印象が高まった。大型のグリップも搭載され、片手でもしっかりとホールドできる
[画像のクリックで拡大表示]
背面のチルト式液晶モニターは下方向にも動くように改良され、ハイアングル撮影の際もしっかりフレーミングしながら撮れるようになった
[画像のクリックで拡大表示]
こちらは先代の「PowerShot G7 X」。グリップがなく、側面に緩やかなカーブが施されているのが、Mark IIとのデザイン上の大きな違いだ
[画像のクリックで拡大表示]
背面の液晶モニターは、上方向のみのチルトとなっていた
[画像のクリックで拡大表示]

 レンズ周囲に配されたコントロールリングは、切り替えレバーにより「カチカチ」と先代同様にクリック音がするモードと、無音でスムーズな動きのいずれかが選べるようになった。コントロールリングには機能をいろいろと割り当てられるが、好みに応じて操作感も変えられるのはユーザーにとって心憎い配慮といえる。配慮といえば、USB端子経由で充電できるようになったのもうれしいニュースだ。これにより、旅行中でもスマートフォンで使用しているモバイルバッテリーで充電できるのが心強い。

レンズは、35mm換算で24~100mm相当の光学4.2倍ズームレンズで、これは先代と変わらない。ワイド端でも周辺光量落ちはきちんと補正されており、気にならない(ISO125、1/1250秒、F5.0)
[画像のクリックで拡大表示]
ワイド端はF1.8、テレ端でもF2.8と明るい。この明るさとズームレンジがあれば、たいていの被写体はカバーできるだろう。デジタル一眼のサブ機としてもオススメできる(ISO125、1/1250秒、F4.5)
[画像のクリックで拡大表示]
ワイド端で5cmまで寄れる点もいい。レンズが明るいので、被写体にグググッと接近してシャッターを切れば、ボケ味を演出することも可能だからだ。テレ側では40cmまで寄れる(ISO125、1/60秒、F2.8、-1.3補正)
[画像のクリックで拡大表示]