AFの速度は従来機種の2倍、ズームレンズキットとしてはシリーズ最軽量

 小型軽量ボディーと高速オートフォーカス(AF)を特徴とする「FUJIFILM X-A5」が富士フイルムから登場した。X-A5は、像面位相差AF対応の新開発2424万画素APS-Cセンサーと、処理速度を1.5倍に向上させた画像処理エンジンを搭載し、AFの速度を従来機種の2倍に高めたという。

 またレンズキットは、新開発の電動ズームレンズ「フジノンレンズ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」を同梱する。このレンズをカメラ組み合わせたときの重量は、「Xシリーズ」のズームレンズキットとしては最軽量となる496g。AFの速さとカメラの取り回しの良さを生かした軽快な撮影を楽しめるレンズキットと言える。

 本体は、レトロチックなボディーデザインが目を引く上品な仕上げなので、少しドレスアップした外出や、フォーマルな場所にも持ち出せるだろう。カラーバリエーションはブラウン、シルバー、ピンクの3色だ。

富士フイルムの「Xシリーズ」に新たにラインアップされた「X-A5」。新開発の小型軽量な交換レンズ「フジノンレンズ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」をセットにしたレンズキットが実売で7万円台
[画像のクリックで拡大表示]