美しい描写で定評のあるフィルムシミュレーションももちろん搭載している。写真のようなベルビアモードなど、懐かしいフィルム独特の色合いが楽しめるのがうれしい。フィルムシミュレーションブラケットを使えば、1回のシャッターで3種類の表現を記録することも可能である(ISO200、1/140秒、F6.4、-1補正)

記事へ戻る(ページを閉じる)