2016年3月に高性能ミラーレス一眼「α6300」を出したばかりのソニーが、わずか9カ月後の12月に改良版モデル「α6500」をリリースした。基本的なスペックはα6300を踏襲するものの、ボディー内手ブレ補正機構やタッチパネルを搭載して機能や装備の強化を図り、実に意欲的な内容のAPS-Cミラーレス一眼に仕上がっていた。

ソニーの「α6500」。実売価格は、ボディー単体モデルが15万円前後と、まだ高めで推移する。ズームレンズが付属するキットモデルは用意せず、ボディー単体モデルのみのラインアップとなる
[画像のクリックで拡大表示]

α6300の発売から1年たたずに登場した意欲作

 春に登場したα6300は、旧モデル「α6000」で定評のあった高速オートフォーカスと高速連写に磨きをかけ、ミラーレス一眼では圧倒的な速写性能を備えたことで写真ファンからの評価は上々だった。精細な表示のEVFとチルト式液晶を搭載して万全な態勢で撮影に臨めるうえ、動画はトレンドの4K動画に対応するなど、スキのない仕上げという印象を受けた。だが、発売から1年を待たず、早々にα6500を市場に投入したのには正直驚かされた。

飼育エリアを動き回るワラビー。α6500はこのような動物でも高速で正確なピント合わせが可能だ。跳ねては立ち止まり、葉っぱを拾っては口にするワラビーの瞳にビシッとピントが合った(FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS使用、ISO2500、1/500秒、F5.6、-0.7補正)
[画像のクリックで拡大表示]
このシリーズは性格上、動体撮影専門のように思われてしまうが、スナップや風景撮影でも使いやすい。最適化された高速画像処理エンジン「BIONZ X」がもたらすメリハリがあってヌケ感の高い絵作りは気持ちよく、俊敏な動作はテンポ良く街中の撮影をこなせる(Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS使用、ISO100、1/320秒、F5.6、-0.7補正)
[画像のクリックで拡大表示]
有機ELパネルを採用した約235万ドットのEVF(電子ビューファインダー)は表示が精細なだけでなく、逆光時も見やすい点が頼もしい。液晶モニターが見づらくなる状況でも、構図をしっかり確認して絵作りできる。防塵・防滴に配慮した設計やレリーズ耐久性約20万回のシャッター、増設されたカスタムボタンなど、頼もしいカメラに仕上がっている(FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS使用、ISO100、1/1600秒、F8.0、-0.7補正)
[画像のクリックで拡大表示]