辛口評価の戸田覚氏が、大画面タブレットの「Surface Pro 4」「iPad Pro」「dynaPad」の3機種を徹底比較。第3回は東芝dynaPadをチェックします。


 ここ最近、パソコンの新モデルが発表されてから発売までに間が空くようになってきた。東芝のペン入力ができる12型タブレット「dynaPad N72/T」が発表されたのは10月の前半だが、2カ月近くが経過して、ようやく発売となった。その間に仕様が変更されたりしているとはいえ、発売までのタイムラグをもう少し短くしたほうがいいのではないだろうか。

 さて、今回も以下のポイントで3機種を比較していこう。

【ポイント1】 本体は持ち運びに適しているか
【ポイント2】 タブレットとしての拡張性は?
【ポイント3】 専用キーボードの使い勝手は?
【ポイント4】 専用ペンは書きやすいか
【ポイント5】 処理性能の違いとOSの特徴は?
タブレットとしても大満足の軽さを実現したdynaPad
[画像のクリックで拡大表示]