レノボからThinkPadの25周年を記念したモデルが登場した。まずは、このモデルのリリース自体を高く評価したいと思う。他社も記念モデルをリリースすることがあるが、それはほぼすべてが「記念の高性能モデル」だった。

【関連記事】 ThinkPad 25周年モデルで懐かしの7段キーボードが復活! ThinkPad25周年記念モデル ファン歓喜の理由

 それらはとても目を引くし、ユーザーとしてもありがたいのだが、今回レノボが出したThinkPadの25周年モデルは、最新のスペックに加えて懐かしの7列キーボードを約6年ぶりに復活させている。こんな先祖返りの記念モデルは初めてだし、7列キーボードの再現ぶりも素晴らしい。配列やデザイン、打ち心地も非常に旧モデルに近く、かつての使用感を求めていたユーザーには、とても魅力的に映ることだろう。

 だがしかし、筋金入りのThinkPadファンを自認する僕としては、ちょっとテンションが上がらない……。今回は、あくまでも個人的な感想を中心に、その理由をまとめていきたい。

ThinkPadの25周年モデルは、昔懐かしい7列のキーボードを搭載している
[画像のクリックで拡大表示]