これまで高級なキーボードの多くは、ゲーム用のキーボードを別にすると、静電容量方式やメカニカルキーボードによって打ちやすさを追求してきたといえる。

 ところが、2017年9月15日にロジクールから登場した「KX1000s」は、他社の高級キーボードとはちょっと趣が違う。各種アプリの操作に利用する独自のダイヤル「CROWN」(以下クラウン)を搭載しているのだ。マウスとキーボードに続く、新しい操作デバイスが追加されたと考えていいだろう。価格は2万3750円とかなり高いが、果たしてその価値はあるのだろうか。キーボード自体の良しあしと、クラウンの魅力をチェックしていこう。

新登場のキーボードKX1000sは、左上にある独自のダイヤルが特徴だ
[画像のクリックで拡大表示]