僕がメインで使っているモバイルノートは、パナソニックの「Let's note SZ5」だ。しかし、外出先でまとまった仕事をする際には、Let's note SZ5の12.1型液晶はちょっと小さい。

 僕にとってのまとまった仕事とは、原稿を書いたり企画書を作ったり、大量の入力が必要な作業のこと。出張時などは空いた時間にバリバリ仕事をしたいので、画面が大きな「ThinkPad X1 Carbon」の初代モデルを使っていたのだが、2012年の夏モデルなので、さすがに古いと感じ始めた。

 ということで、このところ新しいモバイルノートを物色していた。やっぱり14型液晶は最低条件だ。現役で使っているLet's note SZが12.1型なので、13.3型程度ではサイズが近すぎる。14型の薄型軽量モデルとなるとThinkPad以外の選択肢がほとんどないため、結局、今年2月に発売されたThinkPad X1 Carbonの新モデルを買った。

 今回は購入した理由や、購入後の満足度などを紹介していこうと思う。なお、今回の購入に当たっては、指紋センサーとUSB Type-Cによる充電も欠かせないと考えていた。モバイルノートにとって生体認証は、いまや絶対条件と言える。また、今後、USB Type-Cによる充電が普及することは間違いないと思っている。今から5~6年は現役で使うなら、共有できるACアダプターも増えるはずだ。例えば、僕が持っている機器では、ThinkPad X1 CarbonのACアダプターが、スマートフォン「Galaxy S8+」の充電に使える。

パッケージ。ずいぶんと派手でテンションが上がる
[画像のクリックで拡大表示]
例によって本体のデザインはThinkPadらしい
[画像のクリックで拡大表示]
右の初代ThinkPad X1 Carbonと比べると、とても小さくなっている
[画像のクリックで拡大表示]
これから買うならUSB Type-Cによる充電は絶対条件だ
[画像のクリックで拡大表示]