スマートフォンやタブレットなどを接続するケーブルは、microUSBとLightningに二分されていたが、ここへ来てUSB Type-Cが普及し始め、今はちょうど過渡期だ。手元には何種類ものケーブルがごちゃごちゃとたまっているという人も多いだろう。

 僕自身がそうだ。端末に付属してきたケーブルに加え、自分で買ったケーブルが大量にある。ちょっと恥ずかしいのだが、僕にはコレクターの気質が少なからずあるようで、ケーブルやバッテリーなどの安価なアイテムは無駄に購入してしまう。長さ違いで使えそうだからとか、新しい製品を見つけたからとか、いろいろな理由でついつい買ってしまうのだ。さらに人からもらったものもあり、数がどんどん増えている。

 ケーブルはとにかく整理がしづらい。適当に箱などに入れておくと、絡まったり、どれがどれだか分からなくなったりする。管理を怠っていると、本当に必要なケーブルがないことに気付かなかったりするから問題だ。「90cmのLightningケーブルは何本もあるのに、30cmの短いケーブルを外出先で使おうと思ったら1本もなかった……」といったことが実際に起こる。

 そこで、数カ月前、ケーブルをきちんと整理しようと思い立った。試行錯誤の末、落ち着いたのがメークボックスに収納すること。これが思いのほか、使いやすいので、ぜひ読者のみなさんにも紹介したい。

メーク道具を整理する、プロ用のケースが最適だった
[画像のクリックで拡大表示]