取材や打ち合わせ、書籍執筆のためのアイデア収集など、僕は仕事で頻繁にメモを取る。これまでもiPadに手書きのメモを残す話や紙のメモをデジタル化する話など、この連載でもたびたび書いてきたので「またメモか」と思われるかもしれないが、今回はまたちょっと違う使い方だ。

 今回は、メモよりも情報量が多いノートの書き方を取り上げる。とはいえ、普通のノートとはちょっと違う。例えば、打ち合わせの記録や議事録、学習ノートなら、目の前で進行していることを時系列で記録していけばいい。ノートを取るときはその9割が、こんな“順番に記録するノート”だろう。

 ここで紹介したいのは、残り1割の使い方、すなわち“順番がないノート”だ。例えば、頭に浮かんだアイデアをまとめるときや、話題があちこちに飛ぶブレーンストーミングなどで使う。僕の場合は、企画を作成するときや、コンサルティングで販促の方法を考えるときなどによく使っている。また、論文や小説のプロットを作るときなどにも利用できるだろう。

 そんな作業で重要なのが、順番を自由に入れ替えられること。付箋にアイデアを書いて整理していくブレストの作業の発展系だと考えてもらいたい。付箋で物足りないのは、1枚の付箋に書き込める量に限りがあること。付箋に書き込んでいるうちに要素やボリュームが増え、3つの付箋に分けたいと思ったら、いちいち書き直すしかない。

付箋はこのように短い言葉で表すアイデアを整理するのには役立つ。ただ、1枚に書き込む文字数が多くなると、書き切れなかったり読みにくくなったりする
[画像のクリックで拡大表示]