一時、2in1タイプのモバイルノートが増えた反動なのか、最近、クラムシェルタイプの製品が続々と登場している。「Surface Laptop」しかり、「dynabook UX」しかり。メーカーにヒアリングしたところ、2in1モデルとクラムシェルの人気は五分五分といったところだという。

 スマートフォンやタブレットに軸足を置きながらパソコン市場に進出しているファーウェイも、同社として初めてシンプルなクラムシェルの「MateBook X」を投入してきた。非常に美しいモデルなので、早速レビューしていきたい。なお、今回のレビューで借用したのは英語版キーボード、OSのモデルだ。

新登場のMateBook Xは魅力的なクラムシェルだ。プレステージゴールドは上位モデル限定のカラーで価格は17万3800円~
[画像のクリックで拡大表示]