Googleマップは、無料アプリの中では最強クラスの1本だ。考えてみれば、僕がクルマなどのセールスをしていたはるか昔には、紙の地図帳しかなく、訪問先の場所を探すのに苦労していたのに……。しかも、さまざまな機能が日々追加されているのだが、案外「目的地を検索して経路を表示するくらい」という人も少なくないようだ。ということで今回は、Googleマップで僕がよく使っている機能、感心している機能を紹介していきたい。

海外旅行や出張に役立つ「マイマップ」機能

 まずは「マイマップ」。「マイマップ」は地図上に特定の場所の位置情報を登録しておける機能だ。Googleマップのメニューから「マイプレイス」→「マイマップ」とたどると開ける。僕が「マイマップ」をよく使うのは、海外旅行や出張での訪問先を記録するため。海外に出掛ける前には、パソコンで旅行情報サイトや訪問先のウェブページなどをチェックして、登録しておく。マイマップなら、「台湾旅行」「大阪出張」など目的ごとにいくつも地図を作れるのが便利だ。

 以前は、それらの情報を「Evernote」にクリップしていたのだが、Evernoteのリンクを外出先でタップしたり、住所をコピー&ペースト(コピペ)してGoogleマップで表示する作業は結構な時間がかかる。そもそも、Evernoteに保存しただけでは各スポットの位置関係が分からない。特に海外の場合は住所を見ても位置関係や距離感の見当が付かず、移動の計画が立てづらい。そこで、「マイマップ」に登録するようになった。

 訪問先の情報を登録して地図を作成する作業は、パソコンがベストだ。画面の小さいスマートフォンでは、作業効率が悪くてイライラする。余談だが、スマートフォン全盛の今でも、パソコンのほうが向いている作業もある。今回のような使い方はまさにパソコン向きだ。

 まずは、Googleマップを開いて、新しい「マイマップ」を作成する。分かりやすい名前を付けておこう。僕はこの機能が気に入っていて、やたらにたくさんのマップを作成しているので、きちんとした名前を付けないと後で探しづらくなってしまうほどだ。

メニューから「マイプレイス」を開き、「マイマップ」タブの「地図を作成」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
分かりやすい名前を付けておこう
[画像のクリックで拡大表示]