iPhoneのブラウザーとしては、標準の「Safari」を使っている人がほとんどだろう。しかし、iPhone向けSafariは使い勝手が今ひとつと僕は思っている。日常的に使っているとやたらにタブが増えてしまい、閉じるには画面右下の「タブ」アイコンをタップし、タブの一覧から削除したいタブを一つずつ消していかなければならない。かなり手間と感じるのだ。

 タブの切り替えも同様だ。iPhoneのSafariでは、開いているページが画面いっぱいに表示されるため、タブの切り替えには、削除同様、画面右下の「タブ」アイコンをタップし、表示したいタブを選ぶという段取りが必要になる。おなじみのパソコンのブラウザーなら、画面の上部に並んだタブをクリックするだけでページを閉じたり切り替えたりできる。

 実は、そんなパソコンライクな使い方をiPhoneでも実現したブラウザー「Smooz」がある。SmoozがSafariと違うのは、iPhoneでも画面上部にタブが表示されること。基本的な使い方はパソコンのブラウザーと同じで、画面上部に並んだタブをタップするだけでページを切り替えられるのだ。また、画面を左右にスワイプしても切り替えが可能で、とても分かりやすい。

Smoozはパソコンのようにタブでページの表示を切り替えるブラウザーだ。タブをタップするほか、スワイプでも表示するタブを切り替えられる
[画像のクリックで拡大表示]