iPadを持ち歩くメリットとデメリット

 メモを取るという点ではiPad、パソコンどちらでも用が足りるのだが、iPadがパソコンより優れているのは取り回しの良さだ。iPadなら、かばんから取り出して数秒でメモを取り始めることができる。また、僕はセルラーモデルを使っているので、クラウドに保存するようにすれば、ファイルの保存先を考える必要がないのも大きなポイントだ。

 一方で困るのはプレゼンだ。iPadではHDMIやVGAで外部モニターに出力できない。もちろん、アダプターを使えば接続も可能だが、iPad+アダプターの相性が悪くて接続できないリスクが高い。それならば、「Let's note SZ」を持っていったほうが、HDMI、VGAでの接続ができるので安心だ。

 特に、プレゼンをする予定ではなかったのに、急にスライドの表示が必要になったときに困る。iPadではUSBメモリーが使えないし、SDカードも読み込めない。パソコンと比べたときのiPad最大の弱点は、接続性の悪さだと思う。

 もう1つの欠点が入力性だ。打ち合わせのメモ程度なら、手書きでも前述のキーボード付きケースでも不便はない。だが、原稿を書いたり、企画書を作る気にはなれない。日本語入力システムの変換効率が悪すぎる。ソフトウエアキーボードではATOKが使えるのだから、外付けキーボードでも早く使えるようにしてほしいと願っている。

iPad(上)はLightningコネクターしかないので、外部出力ができず、困る。その点、Let's note SZは端子が豊富だ
[画像のクリックで拡大表示]
外付けキーボードではATOKが使えないのが残念すぎる
[画像のクリックで拡大表示]