3D Touch非搭載はデザインの影響か

 iPhone 6s/6s Plusの目玉機能として搭載されたのが、「3D Touch」だった。タップやスワイプに加え、押し込むという新しいタッチ操作が採用された。

 iPhone 6s/6s Plusとほぼ同様の性能・機能を備えるiPhone SEだが、なぜか3D Touchだけは見送られている。その理由は定かではないのだが、もしかするとiPhone 5sと同サイズのボディーにはセンサーが収まらなかったのかもしれない。もちろん、コスト面の問題という可能性もあるが……。

 3D Touchを使ってみるとかなり便利だ。ホーム画面のアイコンを長押しして、ショートカットとして利用したり、アプリのアップデートやセルフィーの撮影でもアクションが減ったりするのがうれしい。おそらく、次世代のiPhoneにも3D Touchは採用されるだろう。当然、対応アプリも増えてくるに違いない。年を経るごとに、iPhone SEユーザーは悲しい思いをしそうだ。

 また、最大容量が64GBにとどまる点もちょっと気になる。音楽などを大量に持ち歩きたい人には、かなり厳しいと思う。iPhoneは、SDカードによる容量アップもできないので、自分の使い方をよく見極めてから選んでほしい。

 iPhone SEを使ってみて、このデザインは完成度が高いことをあらためて認識し、物欲をそそられた。また、性能が高くなったのでサクサクと気持ち良く動くのもうれしいポイントだ。16GBモデルで5万2800円、64GBモデルは6万4800円というiPhone SEの価格は、性能を考えれば納得できると思う。コンパクトなスマートフォンが減ってきているだけに、サイズに魅力を感じる方には十分におすすめできる。とはいえ、液晶の解像度が物足りないし、暗い点はかなりのウィークポイントだと思う。僕なら、迷わずiPhone 6sを購入する。

3D Touchは、慣れると大変便利なだけに、採用されなかったのは残念だ。写真はiPhone 6s Plusの3D Touchの画面
[画像のクリックで拡大表示]

著者

戸田 覚(とだ さとる)

1963年生まれのビジネス書作家。著書は120冊以上に上る。パソコンなどのデジタル製品にも造詣が深く、多数の連載記事も持つ。ユーザー視点の辛口評価が好評。近著に、『ここで差がつく! 仕事がデキる人の最速パソコン仕事術』(インプレス)がある。
Facebook: https://www.facebook.com/toda001