老眼の僕には文字が入力しにくい

 スマートフォン市場が大画面化に向かっているのは、ユーザーのニーズがあるからだ。店頭を見ると5型は最低クラスで、主流は5.5型になっている。

 実際、5.5型液晶を搭載するiPhone 6のユーザーから「大き過ぎる」という声はあまり聞こえてこない。たまに耳にするのは片手でフリック入力しにくいということだ。その点、手の小さい人にとっては、コンパクトなiPhone SEは手ごろなサイズだろう。これまでiPhone 5sを使ってきたユーザーなら、何の不満もないと思う。当たり前とはいえ、同じサイズだからだ。

 ただ、最近の大きめ画面になれたユーザーは操作しづらさを感じるかもしれない。特に老眼の中高年ユーザーが、手ごろなサイズと価格を理由にiPhone SEに飛びつくと失敗しかねない。昔はこれで問題なく入力していたわけだが、今となっては4型という液晶サイズは小さ過ぎるのだ。

 僕も老眼なので、改めてiPhone SEでローマ字入力にチャレンジしてみたのだが、タイプミスがかなり多かった。液晶が小さい分、スクリーンキーボードも小さくなってしまうためだ。また、ガラケーの「キー」に慣れてしまった買い替えユーザーにとっても、iPhone SEのスクリーンキーボードは打ちづらいことと思う。

iPhone 6s Plusと比べるとサイズの違いは歴然だ
[画像のクリックで拡大表示]
僕の指にはスクリーンキーボードは小さ過ぎるようだ
[画像のクリックで拡大表示]
液晶サイズの違いはスクリーンキーボードのサイズにも出る
[画像のクリックで拡大表示]