連載:戸田 覚のデジモノ深掘りレポ…

「史上最得」新iPadの欠点はズバリ液晶

 そろそろ新しいiPadの発表の時期ということで、10.5型などのモデルを期待していたのだが、ふたを開けてビックリ! なんと、新しく発表された「iPad」は廉価モデルだった。「iPad Pro」は完成度が高いので、簡単に新モデルは出せないということなのだろう。

 新iPadは、9.7型のiPadの中では今までで一番安く、iOSを搭載する最も安価な端末である。このモデルはタブレット市場に一石を投じることになるのではないだろうか。安いので学生などにも売れること間違いなし。ひょっとしたら一括導入に踏み切る学校も出てくるかもしれない。

 もちろん、価格が安いのだから、それなりに妥協すべき点もあるはずだ。このモデルを否定するつもりは毛頭ないが、今回は意外に気付きにくい欠点もズバリ指摘したいと思う。

 まずは32GBモデルのスペックと価格をiPad Proと比較してみよう。

【新iPad】
●サイズ:240×169.5×7.5mm●重量:469g(Wi-Fiモデル)●液晶:9.7型(2048×1536ピクセル)●チップ:A9●カメラ:800万画素●価格:3万7800円~

【iPad Pro(9.7インチ)】
●サイズ:240×169.5×6.1mm●重量:437g(Wi-Fiモデル)●液晶:9.7型(2048×1536ピクセル)●チップ:A9X●カメラ:1200万画素●価格:6万2800円~

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
新登場のiPadは3万7800円から。128GBストレージのセルラーモデルを選択しても6万3800円
左がiPad Proだが、一見しただけではほとんど違いが分からない
[画像のクリックで拡大表示]

記事に関連した製品の最安価格をチェックする

PR

  • 日経トレンディ 最新号案内

    日経トレンディ
    2017年5月号