2018年3月27日(米国時間)に新しい「iPad」が登場した。ナンバリングがないので分かりづらいことこの上ないのだが、「新iPad」としておこう。新iPadについては改めてまとめたいと思うが、僕が最も注目しているのが、Apple Pencilに対応したこと。僕は、手書きを強く推奨しており、将来はキーボード、マウスに並ぶ入力デバイスになると確認している。「Pro」が付かない普及版のiPadでも手書きに対応したことで、手書きの普及は加速すると思っている。

 実際、新iPadがApple Pencilに対応したのに合わせるように、アップル製のiOS向けワープロアプリ「Pages」、表計算アプリ「Numbers」、プレゼンテーションアプリ「Keynote」が手書きに対応した。Apple Pencilはもちろん、指や市販のスタイラスペンでも書き込める。iPhoneでも利用できるのだが、画面サイズが違うと使い勝手は相当異なるので、やはりiPadやiPad ProとApple Pencilの組み合わせが最適だ。

それぞれのアプリをアップデートすると描画機能が紹介される
[画像のクリックで拡大表示]
一部の機能はまだベータ版だが問題なく利用できた
[画像のクリックで拡大表示]