VAIOがソニーから独立してずいぶんたつ。経営は安定しているようだが、根っからのVAIOファンである僕としては、残念に思っているポイントも少なくない。会社規模が小さくなったので当たり前なのだが、新製品がほとんど登場しなくなったのは悲しい限りだ。そんな中で、スマートフォンの新モデル「VAIO Phone A」がリリースされた。

 VAIO初のスマートフォンは、2015年3月にAndroidを搭載して登場した。ただ、このモデルではVAIOはデザイン監修をしただけで、製造・販売は日本通信が担当。VAIOのロゴこそ付いていたものの、製品としては見どころがほとんどなく、大変不評だった。

 その後、2016年2月に法人向けのモデル「VAIO Phone Biz」としてWindows 10 Mobileを搭載したモデルが投入された。こちらはVAIOらしい金属ボディーを採用しており、製品を初めて見たときに「ああ、これがAndroid端末だったらなあ」と思ったのは僕だけではあるまい。

 それからおよそ1年、Androidを搭載した「VAIO Phone A」がついに登場した。ボディーはVAIO Phone Bizと共通で、当時の要望がようやくかなえられた形になるのだが……。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
新登場のVAIO Phone Aは、SIMフリーのAndroidスマートフォンだ