仕事の現場では、プロジェクターの代わりにテレビを会議室に設置しているケースが多くなってきた。確かに、明るい部屋で見やすいのはテレビのほうだ。おそらく、今後はどんどん大画面テレビが導入されていくだろう。

 では、プロジェクターはどうなるかというと、広い部屋で大画面に投写するタイプと、コンパクトなモバイルタイプが中心になっていくのではないかと思う。特にモバイルタイプは、手のひらサイズで、スマートフォンと簡単につながる製品が増えてきた。かつてのようにパソコンと大きなプロジェクターを持ち歩かなくても、ビジネスバッグにすっと収まるスマホとモバイルプロジェクターだけで、どこでもプレゼンができるようになる。外回りが多い営業職の強い味方になるだろう。ということで、今回はモバイルタイプのプロジェクターについて最新事情を探っていこう。

 さて、今回取り上げる「C-10W」はキヤノンの製品だ。ミニプロジェクターに分類されているだけあって、確かにコンパクト。本体サイズは11×11×1.7cmで、重量は260gしかない。そして最大の特徴は、ワイヤレス機能を搭載していることだ。

【ポイント1】 ワイヤレス接続、バッテリー駆動のメリットとは?
【ポイント2】 外出先での使い勝手は?
【ポイント3】 明るさ、投写サイズは十分か?
「C-10W」はバッテリーを内蔵のミニプロジェクター。ワイヤレスで接続して投写できるのが特徴だ
[画像のクリックで拡大表示]